スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年上半期ニコマス20選集計方法(フェーズ1)

本エントリは、「2010年上半期ニコマス20選」の集計方法について記述しています。

このエントリから実作業の手順に入りますが、実作業は、
以下の3段階に分けて行います。
 ・フェーズ1:参加者のブログ・マイリストを巡って情報を集める
 ・フェーズ2:作者名を判定する
 ・フェーズ3:シリーズ版等の統合を行う

以下、追記です。

実作業:フェーズ1

まずは、各参加者のブログ・マイリストを巡って、動画URLと作者名を集めてきます。

事前準備

理想的には、20選募集期間より前に、集計班で集まって、段取りを確認するのがよいでしょう。
「ブログ・マイリストを巡って、動画URLと作者名を集めてくる」
ただそれだけのことですが、実際やってみると、悩む点は多々出てきます。
マネージャーは、GoogleドキュメントやSkype等、情報共有の場を用意する必要があります。

開始宣言

20選募集翌日になれば、すでに相当数の参加があります。
卓球Pが自身のブログに参加者を列挙してくれるので、
マネージャーは、実作業担当に、担当するブログ・マイリストを割り振ります。
「ブログ・マイリストそれぞれ10件ずつ均等に割り振る」などでいいと思います。
作業内容を説明した後、マネージャーは開始を宣言します。

参加者名

ブログ・マイリストを巡って、「参加者名」と「動画URL?作者名」を収集するわけですが、
「参加者名」は、卓球Pがポータルに書かれた名前をコピペするのが都合よいでしょう。
後に、付き合わせてデータベースを機械的に作成するためです。

動画URL?作者名

巡った先のブログ・マイリストでは、動画タイトルではなく、URLの方を収集します。
作者名は、参加者が記述したままを列挙します。

動画タイトルでなくURLを収集するのは、その方が管理しやすいからですが、
ちょうど今回の収集時、ニコへのiframeが重く、ブログの方はURLを収集しにくかったりしました。
次回までに検討しておかなければならない課題だと思います。

このとき、実作業担当が確認するのは、

 ・正しく収集できているか(作業ミスがないか)
  特に、サムネ1選が抜けていないか/20選に混入していないか
 ・20を超えて選んでいる場合は、どの20を選ぶか
 ・同一作者の作品を複数選んでいないか

になります。これは、その点以外の確認は必須ではない、ということです。
 ・参加者の記述した作者名が正しいか
 ・非ニコマスチェック、期間外チェック等
などは、気がつけばその旨記述しておくと後の作業が楽にはなりますが、
これらは“いったん動画を集約してから確認した方が重複作業にならない”ため、
基本、後回しにします。

つまり、“参加者がどの動画を選んだか”については、この場で確認しますが、
“選ばれた動画が適切か”については、後回しにするということです。

備考欄

集計されたデータは機械的に処理するので、備考欄に書かれた内容を確認するのは大変です。
問い合わせ等については、Google docsにでも専用の記述場所を用意し、
そこに書いてもらうようにするのが都合よいと思います。

データの集約

集計されたデータは、機械集計担当が集約していきます。
あらかじめ提出されるデータの書式を決めておくのがよいでしょう。
実集計担当から届けられたデータは、随時、集計班内で公開するのがよいでしょう。
進捗は全員で共有できた方が、全体としての足並みが揃います。

20選募集締め切りがきて、全データを集計できるまで、この作業が続きますが、
まとめ動画編集班に、“ある程度の見通し”を見せるために、
部分的に集まってきた段階で、並行して票数のカウントも行っておきます。

クロスチェック

この段階での作業ミスは、事実上、立ち返ることができません。
可能であれば、「Aさんが集計した内容をBさんがチェックする」という
クロスチェックまで行いたいところですが、実際、そこまでするのは厳しいと思います。
今回、クロスチェックは行いませんでした。

機械集計:フェーズ1’

チェック

集まってくる各データに対して、機械集計担当は、以下のチェックを行います。
・一人20作品チェック
・一人1Pチェック
・一人1エントリチェック
エラーになったものは、実集計担当に修正を依頼するか、公開データを修正しましょう。
問い合わせ履歴にその旨記載しておくと、後で問題になったときに振り返ることができます。
「一人20作品チェック」「一人1Pチェック」は、
実作業担当に確認してもらっている項目ですが、機械的にチェックできるのですから、
しておいたほうがよいでしょう。
「同一の参加者が同一のURLを複数選んでいないか」
「異なる参加者が全く同一の選択結果になっていないか(→実は同一人物の可能性)」
も同様です。

票数集計

動画ごとに、票数を集計します。
複数の投票があった動画の作者名は、当然、揺れることがあります。
それを解決するのが次の段階になります。

続きます

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。