スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iM@S KAKU-tail Party DSX 3rd night」の感想2

・Grand Finale


サムネこれは!?
まっすぐさん、正しい、正しいよ……w

カクテルDS&DSX、たいへん楽しく見させていただきました。
こう言ってはなんですが、今私は、優越感に浸っていますw

DSしかご覧になられてない方、何割かおられますよね。
ふふふw それじゃあ、半分しか楽しめないんですよね。
半分ってのは、動画の数じゃあないんですよ。
口では上手く説明できない、何かが満たされるのですよ。
私同様、両方ご覧になった方には、伝わると思いますこの気持ちw

そりゃ、DSの方が、“多数の視聴者向け”だったのでしょう。
それはそうだと思います。
でもですね。違うんですよね?。
どちらがいいとか悪いとかじゃなくて、両方見て、改めて確信するのですよ。
ニコマスはいいものだよと。かくも素晴らしいものだよと。

では以下、3-Eの感想と、最後にお祭りのあれやこれやについて、個人の感想などw

・3-E


無色P:雪歩:失

あぁもうキュンキュンくるなぁ!
並んで踊るゆきまこにテンションが上がります。
背中合わせに立つゆきまこにぐっときます。
すれ違い、振り向く雪歩がこちらを向いて踊ってくれて、
なんだか真になった気分です。うっひゃー!たまんないw

柏城P:やよい:息

ささやくやよいが、なんてかわいい……。
そうですよね。私達が普段思う“やよい”とは違って見えて。
あぁでも、もしかしたら、
プロデューサーがいないときには、誰も見ていないときには、
こんなふうなのかもしれません。
そんな、誰も知らないやよいを知っているのは、
傘だったりカップだったり、振り落ちてくる彼女の日用品だけなのかも。
私が見てないとき、やよいはどんなふうにいるのだろう。

R(略)P:伊織:Chance

いおりんが熱い!!
今回伊織、熱いよ!戦うよ!!
こんな小さい体で、疲れも見せずに笑顔で踊る少女のその力は、
いったいどこから沸いてくるのかと思って見ていました。

あぁ。どうして私はそんな簡単なこともわからない。
その力は。彼女の小さな体の中から、必死に紡ぎ出しているのです。
彼女の力は、彼女自身が必死に絞り出す以外、ないじゃない。
荒い息づかいを聞いて初めて、そんなわかりきったことを、思い知らされるのです。

にきーたP:美希:白黒

そして。世界は色づきました。

世界が色づいたのではないのです。
私が世界を、色づいて見えるようになったのです。
ともすればモノトーンに世界を見えてしまいがちな私に、
色を、色づいた世界を、美希は見せてくれたのです。

美希に感謝を。
色とりどりの世界を見せてくれるアイドルとニコマスPに感謝を。
参加者の皆様方に、運営の皆様方に、関係者の皆様方に、
共に視聴してコメを書いた視聴者の皆様方に感謝を。

今日も世界は色づいているよ!


諸々

カクテルDS&DSX、どちらも楽しく見させていただきました。
「楽しく見たよ?」以外のことを書くのは、正直気が進まないのですが、
一視聴者として、諸々への感想など。

・DS&DSXの分け方
思い切ったことをされると思いました。
当落をつけられる参加者の方々は、いい気分ではないでしょうし、
それを決める推薦人の方々も、胃が痛いでしょうし、
私のような者からすれば、「両方見るんだから、単にパート1パート2でいいのに……」と。

が、その上であえて、このような戦略をとられたことを、
頭ごなしに否定することは、私にはできません。
私はやはり、視聴者ですから、ニコマスにエンターテインメント性を期待しています。
つまり、作り手にならなくても、視聴者として見ているだけでも、
ニコマスは十二分に楽しいところであってほしいと願っていますし、
事実、そうであると思っています。

そのような観点で見れば、選出されたDS組の方々に
私から異を挟みたいと思うことなど、ついぞありませんでした。

これでよかったのか悪かったのか、私には判断がつきかねます。
ニコマスを普段あまり見ない人に、全部見ろと言っても無理な話だと思いますし、
実際、DSの再生数は、そういう方によるものでしょう。
しかし、冒頭で書いたように私は、「両方見ないとね」とも思っているのですw

・真問題
こちらについては、あまりと言えばあんまりですが、私は正直、嬉しいです。
真のポジション確認には、大いに笑わせてもらいましたし、
その後に追随者が出て盛り上がるのも、そう悪いことだとは思いません。
しかし、同時に、「それを本気で悲しく思う人、怒っている人がいる」ことも、嬉しいのです。
私自身、過去には「これは勘弁してほしい……」と思うような作品もありましたし、
その線引きは人それぞれでしょう。
聖人君子が作っているわけでも、見ているわけでもないのに、
下ネタにどうこう思うこともありませんが、
逆に、本気になっている方に、「なに本気になってんの?」なんて、
絶対に言いたくありません。
いかにも八方美人的な考えですが、そう思うのでしかたありませんw

もちろん、匿名のコメで悪意を振りまくのだけは、止めてもらいたいですが。

・愛があるとかないとか
カクテルからは少し離れますが、ついでに、
「アイマスへの愛情を感じられない動画はダメだ」的な話を。

どうなんでしょ?わざわざアイマスという素材を使って、
そんな簡単でないでしょう、動画を作って。
金銭が得られるわけでなし。得られるとすれば、コメという賞賛ぐらい。
私からすれば、作り手に、“アイマスへの愛情などない”というのは、
今ひとつ信じられないのですが。
そりゃもちろん、「わりと好き」「どっぷりハマっている」などという
程度の話はあるのでしょうが、多かれ少なかれ、アイマスへの親近感があるから、
アイマス動画を作るんだと思っているのですが。
「素材として扱いやすい」というのはあるのかもしれませんが、
嫌いだったらわざわざ素材にしないと思うのですが……。

ま、私は作り手ではありませんから、ほんとのところはわかりません。
わかりませんが、私はそう思って見てます。

愛の形は人それぞれ。
蝶よ花よと愛でる人もいれば、厳しく接することでそれを示す人もいて。
「ちょっとエッチないたずらをしたい」ってのも、また一つの形でしょうし、
「それを見て憤慨する」のも、愛情なのだなぁと思うのです。

というわけで、毒にも薬にもならない意見でしたw
無難な意見でも、書いときませんとね。
無難な人が少ないように思われても困りますしw

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ご感想ありがとうございました。
DSXは個人的に物凄く楽しめたのでオールオッケーです。

コメントありがとうございます!

> 無色 さん

コメントありがとうございます!
ご参加、お疲れ様でした!

どうもこう、作品の感想ではない部分の方でぐだぐだと書いてしまい、申し訳ないですw
私も、大変楽しく見させていただきました!
プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。