スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年下半期ニコマス20選+サムネ1選(グレゴール)

本日は、2009年下半期ニコマス20選+サムネ1選のエントリです!

2009年下半期ニコマス20選ポータル
2009年下半期ニコマス20選レギュレーション
基本レギュレーション
・対象は2009年下半期(7月1日?12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
前回もそうでしたが、無制限に選んで20だけとか、私には無理ですw
「あれを入れるならこれも入れるだろう」と!w
というわけで、対象を制限するために、
・再生数が1万以上の作品を持つPは除外
 (期間の内外を問わず。ただし合作は考慮しない)
・過去(二回)に自分が20選に選んだPは除外
としています。ご了承下さい。

では以下、追記です。

・takoP


舞台は中世ヨーロッパ。
行商人の真くんは、豊穣の神、賢狼“わっちーちゃん”と出会います。
二人は、やよいの引く馬車に乗って、共に旅をするのですw
元ネタは「狼と香辛料」ですね。とはいえ、知らなくても十分楽しめると思いますw

この動物絵本世界が、たまんなくかわいいですし、サビの部分の二人のダンスがもう!
サビに至るまでが、静止画で切り替えていくからでしょうか。照明のせいでしょうか。
流れるように動き出した二人のダンスに、心を奪われます。

・木っ端っP


木っ端っP作品は、いずれもたいへん素晴らしいことは、私が言うまでもありませんが、
少年の甘酸っぱい恋物語が、胸を締め付けて止まないこちらをw

長い夏の休みに、南の島を訪れた少年は、かわいい少女と知り合います。
少女は、天使でも妖精でもありません。ごくごく普通の、ちょっとかわいい女の子です。
南国の強い日差しの元で、少女は少年に、様々な表情を見せていきます。
屈託のない笑顔、神妙な横顔、不満を隠そうとしないときだって。
少年は、少女に恋をしていくのです。

森に棲む少女を求めて、少年は木々の波をかき分けて走ります。
その腕や顔に、木の枝が刺さる痛みも感じないほどに。
その先に、少女は待っているのです。

あぁ、しかし。これは、過ぎ去りし夏の日の思い出。
遠い遠い、昔の思い出なのです。
少年は、大人になっても、この夏の日のことを、決して忘れません。
初恋とは、そういうものでしょうw

・せるき?P


ハルカニ、楽しかったですね。本当に、楽しかったですね。
生放送だったので、参加できなかった方々には申し訳ないのですが、
たいへん楽しませていただきましたw

夕暮れの中で踊る春香さん。楽しかった一日も、終わりです。
さあ。サイリウムを振りましょう。共に歌いましょう。
らららーらーららーらららーらーららー
同じ時間を過ごせた、顔も知らない人たちの、笑顔が見えるかのようです。

・ブラッキーP


ねーこーねこねここねーこー♪

これが新世界の愛らしさっ!
淡い色合いに、現れては消える、美希ネコと千早ネコw
この可愛らしさを、口では説明できない!
なぜなら全部、ネコののワさんの夢なのだから!w

・マドギワP


マドギワPの作品は、いずれももたいへんかわいらしくて好きですが、
その中から美希たちの頑張りが微笑ましいこちらをw

一人で喫茶店を切り盛りしていた美希に、少女四人が助っ人を買って出るのです!
カラフルなエプロンドレスで、お客さんを呼び込みましょう!
少女達のアピールタイムにより、商売繁盛は約束されたも同然なのですからw

・たつろうP


サムネにフラフラと引き寄せられたんですが、中身はもっとカオスだった!w
パンゴシグラサンで、やさぐれ気味の3人かつ謎の3物体が、
イカしたダンスを踊ってくれますw
わけもなく、お気に入りの一品ですw

・jgoamakfP


ハンドベルの調べにのせて、妖精さんが踊ります。
ダンスちょっと早いかとは思いましたが、“妖精が気ままに踊っている”のですから、
何も問題はありはしませんw
現実の喧噪から隔絶された洞窟で、妖精は幻のように、一人踊ります。
ハンドベルに、そして雪歩に、癒されましょう。
「Im@sハンドベル部」に、期待していますw

・菜の花P


一面に広がる菜の花畑の中で、麦わら帽子の雪歩とラムネを飲みましょう。
ちょっともう、清々しさがあり得ないほどに高まって、
体中の毒素がデトックスされそうな勢いですw
私は何を言っているのでしょうかw

・ままかりP


見たらたぶん、「これはいいね」と書いてしまうと思います。
なにがいいのかは、私にもよくわかりませんw
もちろん、ゆったりと流れるようなダンスもいいですし、
それにあわせて流れていく、数々の“思い出”もいいですし、
いやしかし、そういう具体的な部分じゃなくて、
「これはいい」と書いてしまうのですw

・チラットP


“曲にのせて、立ち絵切り替え”という、ノベマスとPVの中間にあるような作品ですね。
技巧的に優れたものでは、決してないのでしょう。
台詞も何もなく、たんたんと立ち絵のゆきまこが流れていきます。
ですが、槇原敬之の歌にのせて、二人の台詞が聞こえてくるようではありませんか!

弱気になってしまった真と、励ます雪歩。
二人は泣き虫なんだけれども、最後は二人笑顔で、君がいてよかった。

・ぐぅP


私には難しいことはさっぱりわかりません。シンクロがどうとかカメラがどうとかw
でも、いいんです。かわいければ、まったく何も、問題はありませんw
ニコマスには恐ろしいほどの良作が、それこそ山のようにあって、
その中にあっては埋もれてしまうものかもしれませんが、私はお気に入りです。

・もろこしP


コメントに「すげえお遊戯に見える」ってあって、そうそう!まさにそう!w
なんでこの曲に、園児姿のロリトリオをあわせようと思われたんでしょうか?w
両腕をブンブン振り回して、“すげえお遊戯”を繰り広げるロリトリオに釘付けですw

・SSKK 氏


やよいが、かわいい。

これ以上、何か望むものなど、あるでしょうか? ありはしませんよねw
やよいに、食べ物系の歌は鉄板ですw
もちろん、“やよいがかわいいPV”は、ごまんとあって、
そのいずれも、私はたいへん楽しく見させていただいておりますが、
そんな中で、個人的にお気に入りのこちらをw

・櫻香P


「クリスマスの待ち遠しさ」。久しくお忘れになってはいませんか?
むしろ終了したり、爆発したりを望んでおいでではありませんか?w
誰しも、クリスマスを待ち遠しく思っていた頃があるはずです。
私はええ、もう遠い昔ではありますがw
今ひとたび、思い出しましょう。くつしたをさげて眠った夜の日のことを。
これだけかわいいサンタがいるのですから、
クリスマスの奇跡を信じないわけにはいかないでしょうw

・ΣP


ゆきぽサンタが町にやってきます!
そりゃもう、町は幸せ色に包まれるにきまっているじゃありませんかw
サンタを信じている雪歩の枕元には、ちゃんとプレゼントが置かれているのです。
くまのぬいぐるみを抱きしめる雪歩の、あまりの可愛らしさにクラクラしますw

・ベタ塗りP


何も言うことはございませんw かわいらしく楽しい春香さんたちですw
ベタ塗りPの作品は、どちらもたいへんかわいらしくて、
もうちょっと再生数伸びてほしいなぁと思います。
やなぎPとの合作も、たいへん素晴らしいものでしたw
もちろん、やなぎPも大好きですが、個人的な縛りの関係で、私は選んでおりません。
きっと誰か選んでくれるさw

・水仙P


風邪引き春香さんに、Pがお見舞いをw
このシチュエーションの微笑ましさに、2828するなという方が無理!w
こんなにも甘い時間を過ごせるのであれば、たまには風邪もいいものです。
私が風邪を引いても、何も甘くはなりませんが……w

・黒怒虎P


この湧き上がってくる感情はなんでしょうか。郷愁、といえばいいのでしょうか。
木訥とした暮らしの中にある、清楚な千早です。
おっさんには、こういうの、たまりませんw

・おんたまP


人力やよいロイド。やよいの舌っ足らずさ加減に、軽く死ねますw
ジュディマリは、昔よく聞いていました。好きでしたねー。
まさか、やよいの歌声で、聞けるとは思っていませんでしたよ。
思わず、やよいと共に、口ずさんでしまいます。
思い出の歌を、彼女と共に歌える、この喜びに感謝を。夢のようなことですよ。

・にわP / GrayP / tahiriP


実は、私だってちゃんと、「Starting over」、読破しているのですよw
だいぶ前ですが、休み1日潰して、7時間ほどかけて、ぶっ通しで見ましたw
本作に出てくるお兄さんに、春香さんが出会うシーンが、中盤でありますよね。
ちょうど、折り返しのところ。
あのとき、もうね、念じるの。念じてしまうの。春香さんに、“歌ってくれっ!”って。

脱線しましたw こちらのボーナストラックも、たいへん素晴らしゅうございました。
彼女と一緒に、ぼろぼろと泣いたよw

ラジオの時間軸は、一番最後ですよね。
このお兄さんは、今日も街角に立っているんでしょうか?
どうなんでしょうね?



・72oP


サムネ1選。内容もたいへん好きですw
ニコマスらしくないといえばそうなんですが、目を引くサムネでしたw


さて。ようやく終わりましたw
30作あたりに絞ってからが大変ですよねw
「なぜ私は、これを選んでこれを選ばないのか!?」という、
自問自答のループに迷い込んでしまいますw
集計係なんだから、自分の分はちゃっちゃとしないといけないのに、申し訳ありませんw

2009年下半期も、たいへん素晴らしく楽しくかわいらしい作品に、
いくつもいくつもお目にかかることができました。皆様方に深く感謝を!

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。