スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tloP

手品の種って、知りたいですか?
私は、知りたいけど、知りたくなかった。




動画を見る前に、こちらのSSを読まれることをおすすめします。

作者コメントでは「読まなくても楽しめますが?」と書かれていますが、
私のように読解力がない人間は、先に読むのがおすすめ。


恥ずかしいし、緊張するのでコメントすることはほとんどありませんが、
私は、Pの方や、見る専の方のブログをちょくちょく見に行きます。
(さすがに、全てを網羅できているわけじゃありませんが)
興味があるじゃないですか。
いつも楽しく面白い動画を作ってくれる人達に。
同じものを見て喜んでいる人達に。

そうすると、いろいろ教えてもらえます。
手描きMADを褒める
例のあれが、なんであんなに楽しいのかを、技術的に解説してくれていて、
へーなるほどそーなのかーとなること請け合い。
とか、他にも、つい先日読んだのが、
宮崎駿が描く食事がうまい理由
こういうのは、自分で気づける人もいるのでしょうが、
私なんかは、言われるまでさっぱりわかってませんでした。
(簡単に言うと、「そのシーンだけで美味しく見えているのではなく、
 その前のシーンから「いかにも美味しそうだぞ」と思うようなシーンが
 入っているんだよ、ということだそうです。)

話は変わって、千早の「蒼い鳥」という歌。
「蒼い鳥は千早の持ち歌」という感覚は、アイマスを知っている人には、
もうこれ以上ないくらいすり込まれています。
「蒼い鳥」自体は、他のアイドルも全員歌っているんですが、
「蒼い鳥と言えば千早よねー」って感じ。
ましてや、千早が蒼い鳥を歌っている横に、他のアイドルが出てくると、
ちょっともう、居場所がなくて、いたたまれない感じになってしまうのです。

実際のところどうなのか、という話ではなく、
「みんながみんなそう思っている」という刷り込みの話です。

今回、tloP は、伊織と千早で「蒼い鳥」を歌わせました。

視聴者ほぼ全員の“刷り込み”を上書きしないといけないのですから、
tloP は、用意周到に、念には念をといった仕掛けを用意します。

SSを書いて、伊織と千早の対決姿勢を浮き彫りにして、
前半は千早がメイン。そして、あえて中央を伊織に譲る。
「ここが空よ」の瞬間。

ここまでするんだ。
“伊織が蒼い鳥を歌っていい”と皆に思わせるために、
ここまで用意をするんだ……。

感嘆の念を禁じ得ませんでした。

でも、少し悲しいです。
そういうふうに思ってしまったのは、
ジブリご飯が美味しい理由を知ってしまったからでしょう。
だから、動画なんて作ったこともないのに、聞きかじった程度の知識で、
作成者の苦労と手腕を分かったような気になっている。
SSを読みながら「おぉ、着々と伊織が歌える理由を積み上げているのだな」
なんて思ったり。

もし、何も知らなかったら。
SSを読み終えた後、私は震える手で再生ボタンをクリックしたに違いありません。
最後、二人の歌声が重なる部分で、打ち震えていたに違いないのです。

それなのに、私ときたら。
最後は、打ち震えるどころか、ただ、感心していたのです。

私は作者の技術や周到さを褒め称えたいのではないのです。
作者の掌の上で意のままに操られ、時には歓喜し、時に癒され、
嗚咽を漏らし、感涙にむせび泣きたかったのです。
(自分でも何気持ち悪い文書いてんだろうとは思いますw)

あー、ちょっとばかし分かった気になりたい、
手品の種を覗いてみたいという好奇心に負けなかったら……。

ジプリの記事を案内してくれたブログはどちら様か忘れてしまいましたが、
もしお読みでしたら、ご容赦下さい。
こんなのは、私個人の問題で、読んでしまった私が悪いのです。

また、こういう風に“知りたくない”と思う人も、少ないんじゃないかと思います。
(普通は、知りたくても、あまりにも膨大な知識、すぐにわかるものじゃないですしね)
知った上で、なお、楽しめている人も多いと思います。
もっと言えば、単に私が些細なことを気にしすぎ、というだけの話かと。

私が知った気になったことなど、ほんのさわりでしかありません。
おそらく本作、私には知り得ない様々な技巧が駆使されているのだろうと思います。
おかげで十分楽しめました。

ですが、今日、“知らなければ良かった”と思ってしまったことは、
残念ではあるのです。


気分を変えて、同作者様の他の作品を。



今は思い出になってw そして。
作者コメントからたどれる、修正版というか、続編(?)もあわせてお楽しみ下さい。




tloPと夏蜜柑Pの合作になります。
伊織は、千早には厳しいですが、やよいには甘いのですw
夜の公園で踊る二人のシーンは、屈指の美しさ。
いかなるステージにも引けを取りません。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。