スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「@ClubNights」 私はあなたと聞きたい

BannerSize_03.jpg

すでに、あちこちでお見かけしているとは思いますが、
私も @ClubNights 先行レビューに参加の口です。
というか、私遅いよ!遅すぎるよ!w

概要

12/4 19:00 公開予定。
“Liveをイメージしたアイマス公式曲のRemix”作品。
公式サイト: http://clubnights.web.fc2.com/
問い合わせ先:clubnights124@gmail.com

※なお、ニコニコ動画のclosedコミュ「@ClubNights」は、現状、
 先行レビューに使用するため、レビュー参加者以外は参加できません。

では以下、追記です。

cn_chihaya.jpeg

先日、とある方からお誘いを受けたわけです。
(とあるもなにも、RDGさんですがw)

“匿名の企画Pからの依頼で、リミックス作品の宣伝をしないか”と。
要件は以下の2点でした。
・宣伝バナー・リンク等をブログに貼る
・試聴版を聞いてもらって、先行レビューを行う

リンクを張るのは全く構わないと思いましたが、
先行レビューについては、かなり躊躇しました。

そもそも、私は普段、リミックス作品を、きちんと追いかけられている方ではありません。
音楽に対する、なんらかの造詣がある方でも、全くありません。
さらにいえば、うちのブログを読んでくれているのは、おそらく、関係者ばかりでしょう。
それなのに、“宣伝”と言われても……。

で、そんなようなことを書いて、企画Pさんにメールを出したんです。
「大手さんならともかく、私じゃ宣伝にならないけれども、それでいいか」と。
返ってきたお返事は、要約すると
「普段とは違った楽しみ方をしてみませんか?」
というものでした。

その時の私は、企画Pさんの言うことが、よくわからなかったのですが、
とにかく、基本、先行レビューをする方向で、お返事しました。

ニコニコミュのclosedコミュに登録した私は、試聴版を聞くことになります。

聞き始めた数秒で、私の中のもやもやとしたものは、雲散霧消していきました。
10分経って、再生が終わったときに、確信しました。

そこには、“愛しさ”がありました。

・・・

話は変わりますが、こちらをお読みになってくださっている方々、
いつもありがとうございます。
もし、この文章が初めてな方がおられましたら、
ちょっと申し訳ないのですが、よろしければ、お付き合いください。

こと、リミックス作品に限らず、私は、「これは見てみよう」と思わせるような
紹介文を書けているわけではありません。
なにかしら適切な、高度な、斬新な考察ができているわけではありません。
二言目には「かわいいねぇ」しか言えてませんw

そんな文章を、しかも、twitterでもチャットでも、
ろくに喋らないような謎の人の文章を読んでくれているのは、
“どうやらこの人は、ニコマスが好きなようだ”と、思ってもらっている―――
その一点に尽きると、思っています。

別に、自分を卑下しているわけじゃありません。
私はそのことを、嬉しく思っています。

アイドルマスターの彼女らを見ては、
その彼女らを表したニコマス作品を見ては、
かわいいねぇ、かっこいいねぇ、楽しいねぇ、面白いねぇ、泣けるねぇ
と、ただ繰り返すだけの私の発言を、読んでくれているというのは、
それに同意してもらっているからでしょう。

彼女らをかわいいと思っているから。
ただ、それだけでしょう。

私は、そのことが嬉しいのです。

今回、座談会にも参加したのですが、行く先々で、とてもよくしてもらえます。
ただ、ぼへーっとそこにいるだけの私ですが、
“この人はニコマスが好きらしい”というだけで、楽しい輪に加わることができます。

・・・

「@ClubNights」。アイマス曲のリミックスです。
落ち着いた曲調で、彼女らの声が、よく聞こえます。
甘くかわいらしく、しっとりと優雅に、一途に一心に。

音楽のこともリミックスのことも、私にはよくわかりません。
類い希な作品なのか、そうでもないのかなんて、私にはわかりません。

ですが、ですが。私はですね。

私の文章なんぞを読んでくれている人。
そんな多くはないでしょうが、そんな人と一緒に、聞きたいと思った。
だから、自分のブログにレビューを書くことに、意味があると思った。

いつもこちらを読んでくれてる人。私のことなんか知りもしない人。
いろんな人がいて、私とあなたで共通するのは、
“彼女らがかわいくてかわいくて、しかたない”ってことだけ。

その一点のみにおいて、私はあなたと聞きたい。

言葉を交わしてもいいし、交わさなくてもいい。
あなたと一緒に聞きたいと思ったのです。

企画Pさんの真意は、実のところ、今も私にはわかりません。
しかし、このような機会をくださったことに、感謝しています。
私は私なりに、“普段とは違った楽しみ方”を、することができました。
座談会では、一足先に、“一緒に聞く”ことができました。
とても、楽しい時間でした。

・・・

レビューにも宣伝にもなってませんが……。まあ、お誘いです。お誘いw
ちゃんとした先行レビューは
http://clubnights.web.fc2.com/
こちらからお読みになってください。もうすでに読まれましたかw
他の方は、ちゃんとしてますw 

ではでは、12/4に、名も知らぬコメでお会いするのを、楽しみにしております。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

>>グレゴールさん
素敵なレビューでした。
この一言が千の言葉より勝るような。

No title

自分が好きなバンドにサンボマスターっていうのがいるんだけど、
彼らはライブで「僕らはあんたがたとロックをやりたいんだよ!」
ってよく言うんだわ。なんかそれを思い出した。

グレさんが面白いのはファンがファンに向かって言ってるところw
言語化するとしたら
「僕はあんたがたとClubnight'sをやりたいんだよ!」
ってなるのかな? 自分の想いもこれと同じです。
時間が許してくれたらもうひとつライブを楽しもうぜ的な記事を
書きたいんだけど、グレさんが書いてくれた。よかったよかった。

コメントどもです!

> TomF さん

どもです!
今回、ちょっと私ずるいなーとは思いましたw
(みんながみんな、こういう書き方をしちゃうとまずいだろう的な意味で)
ですが、今回は(もw)、皆様方に(勝手に)甘えさせていただきました。
結局私は“考えて察する”ことは一切できず、その時に思ったことしか書けないのでしょう。
そういう意味では“いつもどおり”ですw
というわけで、当日ご一緒できるのを楽しみにしてますw

コメントどもです!

> cha73 さん

どもです!入れ違いになってしまいましたw
そうですね。私はなかなか“一緒にやろう!”とまで、
活動的にはなれないところがあるのですが、
(chaさんは、“ファン”なのに“一緒にやろう!”というのを、
いつもとても感じられるところが、すごいと思ってますw)
でも、“一緒に楽しみたい”というのは、わりあい強く思う方ですw
基本、ニコのコメが好きなんですよね。

ではでは、一緒にやりましょう!
プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。