スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/15の感想

今頃日曜日の分ってどうなの……w

・12コP


切り絵絵本の人っ! 続ききたっ!
ええ、ほんとう、表情の一つ一つが、雄弁です。

因習に囚われた時代。昔話というのは、そういうものですね。
いや、今もそうは変わらないのかもしれませんね。

美希が涙を流すとき、「そんなことで泣くのか。おっさんにはわからねえ」
のようなコメントが流れていきました。
おっさんだけど、私はわかるw
年齢というより、“角があったか”で、違ってくるんだと思いますよ。
こういう内面、吐露するのは恥ずかしいわーw

“あまァい気持ち”に、浸ることができた人は、心当たりがあるはずだw

CM等

・シネ☆MAD3rd

・愛識P / 金魚P / ハニワP / まんまP


シネ☆MAD3rdのトレーラー来てますねw
私だけ話題に一日遅れているよw 大変楽しみですw

楽しい

・でんP


鼻歌にのせて次々とあらわれる、歌詞とマッチした歴代名作のシーン!
このチョイスが見事と言わざるを得ません!
私は、全部はわからなかったよ?。だいたいはわかりましたよw
“そこでこのチョイスか”的な楽しさを堪能できますが、
百合かどうかは、見た人次第ということでw

・ンモーP


走ってるwww
車といえば走るものですが、まさかそう走るとは思わなかった!w
事故には気をつけたいところですw

・ミギシタP


怪しい! なんて怪しい春香さんなんだ!w
覇王というより、“胡散臭さ満載の新興宗教の教祖”
にでもなってしまっかのような春香様w
見事なダンスに酔いしれると、壺を買わされてしまいそうですw

かわいい

・怒首領蜂P / あるつP


頭にちょこんと跳ねた雪歩かわいいよw
しっぽも悪魔の雪歩が、私達を甘く誘います。
えぇ、誰もその誘惑に、あらがえそうにありませんw

・カコP


かわいいwww
はるちはではあるのですが、千早が完全に、“いい旦那”と化していますw
暴走気味の春香さんがかわいすぎるw

・R(略)P


お菓子の配役が的確すぎるwww
お菓子大好きな春香さんが、たいへん可愛らしいのですが、
職人によるカロリー表示により、春香さんの体重が心配になってしまいますw

・ねーよwwwP


チャイナ春香に、メイド千早という、異色の組み合わせですねw
東方m@sterなので、それに準拠なのでしょう。たぶんw
片想いを歌う歌にのせて、仲良く踊る二人です。
そう考えると、ちょっと切ないですねw

いとしい

・ろしつきーP


その真っ直ぐに前向きな曲が、やよいにぴったりw
屈託なく踊るやよいに和んでいたら、アピールラッシュにやられた!w
“やよいと共にある”という、そんな気分に浸れるひとときです。
それはとても、嬉しいひとときw

・誰得P


私、こーゆー作品が好きですw
とてもかわいらしい。ゆきまこ達がかわいいのはもちろんのこと、
流れる空気がかわいらしい。
ある日真の上に振ってきた、「 」の手紙。彼女は手紙の指示に従います。
いろんな人たちと出会って、彼女はなにをみつけるのでしょうか?

といかけ

・朗読P


前作から対になっていますね。
春香さんがいる“ここ”は、私達からは彼岸のかなたにあって。
それでも彼女がいるということを、私達は信じていくのでしょう。

おもしろい

・おぱマP / ごまうP


春香視点で、はるちはです。
序盤は、春香から見た“千早の孤独”が描かれていて、
普通こういうときは、千早視点だと思うのですが、
なるほど、こう持っていくためでしたか。今回、百合m@sですしね。

最後の春香さんに、なんて声をかけてあげればよいのでしょうね。
かけるべき言葉を、私は持ち得ていません。
誰かに尋ねてみたいものです。

そうですね。“心からの笑顔”と“作り笑顔”。
一般には、前者はよいことで、後者はつまらないことです。
ですが、心から、“笑顔を作ってやろう”、と思ったのであれば、
その笑顔には、価値があるのだと、そう思ったりもするのです。

・おぱマP


こちらは、響→貴音←雪歩の三角関係を、コミカルにw
貴音を愛するあまり暴走気味の雪歩と、自然体で発言が失礼な響、
貴音を挟んでの掛け合いが面白いですw

“恋はまだまだこれから”ということで、今はまだ、3人仲良くすればいいw
ごまうPの描く“笑顔の貴音”が、ほんと、ずるいなーとw

面白おかしく話を進めながらも、最後は綺麗にまとめられていて、
“いい時間を過ごせた”と思わされてしまいます。

・まさ百翼長P


ちはみき、前後編です。
千早視点で語られる、美希。自分とは正反対の、理解しがたい存在。
コミカルな展開を挟みながらも、千早が美希を受け入れるまでの葛藤が描かれます。

千早の覚悟が、頼もしくもあり、心配でもありw
この、虎の中に猫が入っているような美希の相手をするわけなのですからw
いやいや、だからこそ、二人の行く末を期待したい。
“鴨を目指す”と誓った二人に、幸多かれw

挿絵もかわいらしく、エンディングはステージダンスと、楽しく見れて、
読み終わった後には、清々しい気持ちになれます。

・糸_色P


ウソm@sの番宣を挟んで、本日のお題は「別名義」でしたw
なるほど、いかにも絶望先生らしいお題ですw
ま、ネット上では、大半の人が別名義なんですけどねー。
これまた、オチまで綺麗に流れて、おみごとですw

・総長P / いちはP


おー。“マリみて風”の美希が、凛々しいわ?。
オリジナルの立ち絵もふんだんに、ノベマス形式ですね。
マリみての1エピソードを、美希たちが演じます。

美希は、寒さに凍えるだけの貧しい少女ではないのですから、
マッチを擦っても、見たい幻が見れるわけではありません。
自分自身の何かを、灯さないといけないのでしょう。

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

それがどういった形であれ、人の目を惹きつける存在がアイドルだと思うのです!

でも教祖だこれw すみませんごめんなさい。
ご紹介ありがとうございましたー。

コメントありがとうございます!

> ミギシタP さん

確かにっ! 惹き付けられましたっ!
謎の儀式に釘付けですw
楽しいひとときを、ありがとうございました~!
覇王春香さんの信者になってしまいそうですw

感謝

いつもながら素晴らしいご紹介を誠にありがとうございます。
“心からの笑顔” そうかもしれませんね。そこまで考えていただければ、作者冥利に尽きるというものであります。
ただ、今回のような微妙な関係を書くにはまだまだ力不足だと痛感したので、今後も精進したいと思います。

貴音の笑顔は、本当にごまうP様々ですw

コメントありがとうございます!

> おぱマ さん

コメントありがとうございます!
印象の異なる2作品、楽しく、切なく読ませていただきました。
“微妙な関係”が描けていないとは思いませんでしたが、
そうですね、そのあたりの匙加減は、ほんとう、わずかな違いが
“書き手の意図”と”読み手の印象”を、
大きくずらすのかもしれませんね。
貴音の笑顔は、そこに至るまでの過程を読めばこそ、
より心温まるものに感じるのですw
ではでは、これからも楽しみにしております~!
プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。