スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃんP



今日は、これでしょう……。

私はいつも楽しくニコマスを見ています。
にこにこしたり、にやにやしたり、でれでれしたり、のりのりだったり、
テンション上がって興奮したり、しんみりと感動したり、ぼろぼろ泣いたり。
笑ったり泣いたりすると、だいたいにして、体温上がりますよね。

が、たまに、血の気が引くというか、唖然として声も出ないというか、
感想も感情もなく、ただブルブルと震えることしかできないときがあります。
コメントなに書いていいか思いつかないし。
「体温下がりました」って書くわけにもいかず。

春香さん(厳密には、ちらりと映る美希や千早といったアイマスの登場人物)以外は
全部、実写映像に統一されています。
コンサート会場やダンスレッスンの部屋などは、元々のアイマスに背景CGが
あるのに、わざわざそれと似た実写の映像に差し替えられています。

その映像の中に、春香さんが溶け込むよう、
春香さんにかかる光の量を調節して、距離感に応じて背景のピントをぼやかして、
心象風景を用意して、唇をあわせて、姿勢と振り付けをあわせて、エトセトラエトセトラ。
(見てるときは、そんなことさっぱり気づかないんですが、
 コメントに「○○がすげえ」とか、親切に書いてくれているので助かりますw)

そこまでして春香さんを実体化させておいて、テーマが春香さんの喪失とは、
なんつー皮肉。
あー、違いますね。
テーマが喪失だからこそ、それを痛いぐらいに植え付けたいからこそ、
わざわざ、念の入った実体化をさせているんですね。

これさ、もし、もしもだけど、春香さんが、
「春香さんと同じ衣装で頭にリボン付けた、春香さん役の実写の女の子」
全編ロケ実写PVだったら、我々はどう反応していたんでしょうか……。

……いや、そんなのはさすがに誰も作れないでしょうから、
もし万一、見る機会があればその時に考えるとしましょうw
ただ、そういう想像をしてしまうのも、無理ないでしょ、これは……。

あと、私個人はこの作品、「春香さんのPV」ではなく、
「春香さんが出演しているPV」と思います(思うようにします)。
もちろん、それに優劣があるわけではありませんし、
この役は春香さん以外考えられないとも思いますが、
「春香さんのPV」と思うには辛すぎる……。


じゃんPの作品はどれも素晴らしいですが、以下、私が好きな「楽しい系」でw



郷ひろみの「あっちちー」にあわせて、アイドルが踊るよ。とても楽しいよw



アイドルがバッタだよ。とても楽しいよw

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。