スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手記」から「手記 ボンテリPの場合」への繋がり

・手記P


巷で話題になっていたので、私も読んでみたのです。

以下、追記です。

私は今は、作り手ではありませんが、昔、2chの片隅でSSを書いていたことがあります。
その割に文章下手だとか、思っても言わないw
実際、鳴かず飛ばずでしたねー。
何作も書いた後に、「初めて書いたんだろ。はいはい乙」ってレスされたときは、凹んだ凹んだw
今はもう書かなくなってしまったのですが、以前は何日もかけて、文章を書いていました。

悔しかったり、打ちのめされたりしましたが、今思えば、その頃も、楽しかったですよ。
「GJ (´ー`)y━~~」ってレスされたときは、嬉しかったなw
私はあなたに、一服の安らぎを与えることができましたか。

今は辛いかもしれませんが、いつかきっと、いい思い出になると思うのですよ。

脱線しました。
私が書きたいのは、そんなことではないのです。
そこから繋がる流れについて。

「手記」の作者コメントには、今はこうあります。
> でも(sm7464814)を見て誰かがまた何かを感じ綴ってくれるのなら
> それはフィクションでも意味がある物語だと思い短編として保持する事にしました。

・ボンテリP


その sm7464814 がこちら。
なんて眩しい、なんて清々しい作品なのでしょう。
冗談めかして語られている、その中にある晴れ晴れとした決意。

コメに、「すげー楽しそうだなw」ってありますが、
それは半分正解で、半分違っていると思うのです。
「楽しそう」なのは、結果であって、「楽しむんだ」って、強い意志を感じるのですよ。

私は、「5minuteM@ster」まで、ボンテリPの名前すら知ってはいませんでした。
なんという世間知らずw
軽く過去の作品を確認しようにも、めちゃめちゃたくさんあるw
とりあえず、本編中で言及されたものをw

・ボンテリP


で、その処女作がこちらw これはひどいwww

・ボンテリP


二作目。ますますひどいwww
というか、これ、けっこうマジにキツいですw
そりゃ、春香ファンから怒りも買うわw

・ボンテリP


底辺Pたちを元気づけにいこうと、Pを誘う春香と小鳥さんに対して、弱気な態度のP。
叱責する春香に、Pが見せたものは……。

泣いた。泣いたわ……。
何が悲しくって私は、定期的に「う○こ」と表示される映像で泣いてんだろうかw

うん。私は、間違っていた。
私は、「感動作品」ってものは、むしろ、技術によって決まるものだと考えていました。
「泣ける話」なんて、古今東西、さほどバリエーションがあるものではありません。
あらすじにしてしまえば、どれも似たり寄ったりで(「恋人が死んじゃう」とか)、
だからこそ、入念なディテールが、美しい演出と高度な構成が、
「泣ける感動作品」と「ありきたりな作品」を分けるのだと思っていました。

でも、それは単なる結果。
なぜ、PV系の一部のニコマスPが、執拗なまでに質を高めていくのか。
それは、それを求める熱意があるから。
熱意を、愛情を伝えようと、苦心してくれるから。
であれば、高度な演出や構成でなくても、それが伝われば、人は涙するのでしょう。
だから私は、こんなにも泣いてしまうのでしょう。


「何もしないことが一番くだらないです!」と、断言する春香の後に続くのは、
ボンテリPが応援するノベマス作品の数々。

私が知っているものは、ほんの一握りでしたし、
ボンテリPが応援したからと言って、再生がぐんと伸びるわけもないのでしょう。
でもね。何もしないよりは、いい。


「手記」で、劇中の彼は、「ひとりぼっち」でした。
作品を削除することで、ようやく「ひとりぼっち」じゃなくなったと。
「手記」を読んだときには、共感すらしました。
再生されなければ、それは孤独な戦い。

でも、それは違う。それは違うのです。

こんな人がいるじゃないか。
自分が溺れそうであっても、他人に手を差しのべようとする。
そんな人がいるじゃないか。

ボンテリPが、“底辺P”を自称するのは、決して、卑屈になっているからじゃない。
それは、ボンテリP自身も、悩み、迷う存在であるということの表明。
であるからこそ、本作に意味があるのです。

「手記」の劇中の彼は、差しのべられた手に、気がつきませんでした。
いや、気づいても、自らそれをふり払ったのかもしれません。
彼のほしかったものは、多くの賞賛の声であり、
ひとりの奇特なノベマスPの応援ではなかったのでしょう。

ですが、「手記」から、本作まで、リンクは、存在は繋がりました。

> でも(sm7464814)を見て誰かがまた何かを感じ綴ってくれるのなら
> それはフィクションでも意味がある物語だと思い短編として保持する事にしました。

全く、その通りだと思います。繋がっていくことに、意味があるのだと。
「手記」がフィクションであるのなら、実際の動画は繋がっているのなら、
フィクションの彼は、差しのべられた手を握れたんだと、
私は勝手に、そう解釈するのです。


「手記 ボンテリPの場合」は、以下で締めくくられます。
> 日々更新とかしてダルかったりしない?
> これは趣味だ。趣味を毎日のように出来るのならダルいと感じる方が難しい

なんてかっこいい台詞なんだろうと思います。


・ボンテリP / マスターボールP


いや、本当の締めは、「シリ*MAD」についてでしたけどw
で、「シリ*MAD」どうなさるのかと思ったら、そうなさるのですねw

ここまで絶賛してしまった手前、ぜひとも「シリ*MAD」は
視聴せねばと思うのですが、感想、書けるんだろうか……。
「これはよいシリですね」とか書くのか?w
……おいおい考えますw

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

>>グレゴールさん
2chって冷たいんですね。
情報仕入れるときはいつも過去ログ探ってる私がいますw

>なぜ、PV系の一部のニコマスPが、執拗なまでに質を高めていくのか。
そう。彼らの技術が凄いことになっているのは結果であって、技術自体は評価すべき本質ではないと思いますね。技術だけならやはりプロには敵わないところも多いんですから。ならばどこを評価するべきなのかというと、サービス精神であったり、アイドルへの情熱であったりするのかなと。
我々見る専や一般コメ主はその情熱に報いるべく・・・動画を楽しめば良いんですww

どもですー!

> TomF さん

どもですー!
厳密には、2chとはちょっと違うんですが、よくしてもらいましたよw
ただまあ、罵られるときは罵られるw

そうですね。なぜ私が、こうも彼らの作品への魅力にとりつかれているのか。
商業作品とは違う、ストレートな熱意や愛情を感じられるからなんだと思います。
ええ。私達は、楽しめばいいw
楽しめない日は、今日までありませんでしたねw

No title

知り合いのノベマスPから言われて来ました!
褒められ過ぎて恥ずかしいです!褒められるようなことしてないのに!
いろいろ言いたくなってきますが何を言いたいのか自分でもわからなくなってきますが、1つだけ。

自分はやりたいと思ったことを、やりたい放題やるだけですよ!

コメントありがとうございます!

> ボンテリP さん

コメントありがとうございます!
こんな支離滅裂な文章を、作者に読まれてしまったことが、
こちらも恥ずかしいですw

その、私も言いたいことがまとまらなくて……w
ただ、「手記」にリンクが張ってあったこと。
そこから、「底辺Pのある日の風景」へと私が辿り着けたこと。
その事実に感動したということを、綴りたかったのです。

私も、書きたいと思ったことを、日々、書いていきます!

No title

はじめまして。
実に素敵なエントリでした。

私にはここまで上手く纏める事が出来ませんで、
尻滅裂なエントリになってしまったりw
グレゴールさんの文章は優しい感じで良いですね。

コメントありがとうございます!

> tenten さん

コメントありがとうございます!
って、あああ、こちら
http://3gyosyokai.blog47.fc2.com/blog-entry-98.html
とまるかぶりのエントリを、私は書いてしまっていたのですね……。
すみません、普段PVよりなもので、確認を怠っておりました。
ですが、私以外にも、この流れで書いていただいていた方が
おられると言うことが、私にはとても嬉しいです。
支離滅裂なのは、私の方ですw

> 実は作中に、私をモデルにしたと思われる人物が出てきます。
私は半ば「面白い作品を紹介する」というスタンスを放棄して、
「私の感想を書く」だけにしておりますが、
それでも、幾ばくかは、同じ思いを抱いていると思います。
「評価」して「選択」するなんて、自分たちは、思い上がったことをしてやしないかと。
私達は、真に客観的な評価など、できはしません。

ですが、それでも、誰かを傷つけることになっても、
「自分がこれだけ感動した」「自分がこれだけ面白かった」ということを、作り手に伝えたい。
自分が感動した作品を、誰かに見てもらいたい。
私達は私達で、そういう想いを、抑え付けることができません。

『産業紹介』、ノベマス中心の紹介ブログとして、頑張って―――
いや、違いますね。
紹介ブログとして、楽しく更新されることを、願っております。
私も日々、楽しく更新していますw

今後とも、よろしくお願いします。

No title

> tenten さん
ブログ名、『産業商会』誤変換で申し訳ないですw

No title

自分もパッと見気付かなかったのはナイショw

後、リンク貼っていただいてありがとうございます。
お返しにこちらから魔の手が伸びてゆきますのでひとつ。

どもです!

> tenten さん
「産業」で安心してしまったのですw

報告もせずリンクしちゃってごめんなさいw
「リンクさせてもらいました」的なコメントを書きにいくのが気恥ずかしくてw

魔の手、ぜひともかもーんですw
プロフィール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。