スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アイドルマスター×kanon】 k@non伊織編

・トリスケリオンP


もし、kanonをプレイしたことがあるのなら
真琴に涙したことがあるのなら
その涙。
伊織のために
もう一度、流してはいただけませんか?




1話から追いかけていた本シリーズ。最終話です。

ごめんなさい。後半、文章を所々読めていない箇所があります。
もう、ぼろぼろぼろぼろと泣いていたので。

本作自体は、kanonを知らなくても、物語がわかるような作りになっています。
kanonの、そして、真琴ルートの性質上、ファンタジー色が強いのですが、
それを許容できるのであれば、十分楽しめると思います。

が、私はkanonを覚えていますので、私がお勧めしたいのは、
そういう方に対して、になってしまいます。

友人に勧められてkanonをプレイしたのは、もう十年近く前になるでしょうか。
生まれて初めて、いわゆる「泣きゲー」をプレイしました。
最初は少しバカにしていましたね。
「泣けるつっても、ギャルゲーなんでしょ?」と。
そんなことを思いながら、名雪にコーヒーをもらって六時間後、
そこには、「涙で画面が見えない……」となっているグレゴールさんが!w
「ボクのこと、忘れてください」とか、言うなよ……あゆ……。

あれから十年、物語は覚えていました。
覚えていたのは、物語だけでした。
伊織で真琴ルートに入るとわかったとき、
“おぉ!それは泣かせるだろうなぁ!楽しみだw”
とか、思ってました。わくわくしていました。

当時の真琴に、私は胸をえぐられたというのに、
その痛みを、すっかり忘れていました。
まざまざと、思い出さされました。

ただ、物語をなぞっただけではありません。
話をアイドル事務所に置き換えたアレンジは、見事です。
伊織がPの前に現れた理由、美汐の役割、最後の願い。
本筋をずらさずに、きれいに舞台と配役が入れ替えられています。

最後の奇跡の演出は、震えるほどでした。
このあたりから、文章が途切れ途切れにしか読めなくなります。
しかし、本作を讃えるためにも、伊織を見届けるためにも、
無理をして目を開かねばなりません。

ですが、エンディングテーマと共に映し出されるCGは、
それを認めた瞬間に、顔を覆って、涙に暮れてしまうのです。

以下、追記は、ネタバレします。


クライマックスのシーンは、
真琴ルートでは「最後の食事会」と「二人だけの結婚式」を
合わせたものになっています。
私は、このシーン、kanon本編より、好きです。
私は、最後の最後に、“二人きり”というのが、少し、納得いきませんでした。
もちろん、祐一と真琴は恋人同士なのだから、最後は二人で、
というのは、納得できますし、ああするのが正しいとは思います。
ですが、あの写真が、“家族写真”であるのなら、
真琴の最期は、欠けることなく、家族と共にいて欲しかったと、そう思うのです。

いや、当時、無意識に私はそう思ったのだということを、
伊織のライブを見て、はっきりと意識させられたのです。

最後になりましたが、作者様と携われた方に、深く感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

comment

管理者にだけメッセージを送る

紹介ありがとうございます^^

 どうも、ご紹介に預かり本当に嬉しいです^^

 もともとほとんど勢いで始めた今回の作品ですが
 やはり原作好きとしては大事にしたい部分
 (真琴シナリオでは家族の絆)を充分に表現できたかなと
 視聴者のみなさんに聞きたい部分ですね^^

 後私も真琴シナリオではみんなであの結婚式をして欲しかった
 という気持ちはあっての今回の動画のラストでした^^


 次はまだ未定ですが何か作れたなと思ってます

コメントありがとうございます!

> トリスケリオン さん

コメントありがとうございます!
いたく感動してしまい、テンションが妙に上がったエントリでお恥ずかしいですw

「みんなであの結婚式を」は、そういうお考えもあったとのこと、
嬉しくてしかたありませんw

原作として大事にしたい部分は、十二分に表現されていると思うのですが、
その、一つだけ問題が……
本最終章、コメが、書けんのですw
動画の最後にちょろっと書くだけで精一杯でw
「本気で泣かしにかかる」と、視聴者の反応が
受け取りにくくなってしまうのかもしれませんw

新作、楽しみにしておりますが、
今しばらくは、ごゆっくりしていただければと思いますw

ありがとうございました!
プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。