スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光栄なこと

今日は、こちらの作品をw

・cha73さん(ブログ「ただの倉庫」)

見る専cha73がニコマス好きな理由。1万6千字の旅


本所のような辺鄙なブログにまで、コメントをくださるchaさんが、
少年Pのリクエストに応えて、ご自身の熱い想いを1万6千字に渡って綴られております。

私は、chaさんや他のブロガーの方々のように、精力的に活動しているわけではありません。
それでも、この想いは、私にこの上ない共感をもたらしてくれました。

もし未読の方がおられましたら、是非ともご一読を。
その長さは全く気になりませんw
私がそうであったように、自然、自分とニコマスとの想いに重ね合わさり、
時を忘れて、胸が熱くなります。

以下の追記は、熱くなった胸にかこつけて、私信ですねw

「公式曲に興味がない」と言いながら、「アイマスレディオを聴いていた」。
そんなchaさんが素敵ですw

同じようで違う経緯でニコマスにハマった私。
私も初めの頃は、アイマスキャラが苦手でしたw
が、何気なく見た「エレクトロ・ワールド」のうにうに・えいえいでハマりました。
もし、初遭遇がやよいのもじぴったんだったら……うん。多分ハマってたw

だからというわけではないけれども、真くんには、ついついかっこいい役を
期待してしまう。このあたりが、真(しんw)の真スキーからはほど遠いと思いますw

やよいへの接し方も、正反対なんですよね。
chaさんが20選で選ばれていた「Real Life Real Heart」。
わかむらP×陽一Pなんて、当時はもう大喜びで見に行ったんですが、
あれが、私は見るのが辛くて辛くてw

そんな風に、違うことも多いのに、同じ想いを抱く部分があるのが、嬉しいのですw

リズム感に自信がないのは、私もそうですw
ゲーム本編には苦労しましたw
たまに、「シンクロいいですねー」って書くときは、
必死にリズム取って、シンクロずれてないかを確認してるつもりですw

作り手にならない理由も同じw
ちょっとは作ってみたい気もするけど、視聴時間が減るのは困るw

“「線」の楽しさ”、本当そうだと思います。
P名が分からなかったら、継続的に楽しめたかと問われると、自信ないですね。
そして今は、こうしてchaさんに煽られた文章を書いているのも、また楽しいw


私もリアル知人には、ニコマスファンはおらず、
“このあふれる思いをどうすればいいの!?”状態でした。
知人たちは、それなりに、オタク的なものに理解があるので、
ニコマスの話をしても、付き合ってはくれるのですが、
1年ほど、私の話題はそればかりになってしまい、皆を辟易させていましたw

ブログを始めてから、私はたいそう気が済んだようで、
知人の前での話題は、仕事の愚痴ばかりだそうですw
「普段は愚痴ばかりないのに、ブログではリリカル(笑)だねw」とか
言われてますw

本ブログは、ニコマス作品を賞賛するのが目的ですので、
文章が上滑り気味になるのは、やむを得ないこととさせていただきたいw
だって、ここはそう、「深夜に書いたラブレター」なのですからw

> ただ、もし仮に明日にでも全てのPさんが動画制作をやめても、
> そこに動画が残っていたならば、自分はずーっと見てます。

縁起でもない話w ではありますが、
ニコマスが廃れて、再生数やコメントがしょんぼりなことになっても、
そりゃ、ちょっとは淋しいけど、私も楽しく見ちゃいますw
新作がほとんどあがってこなくなっても、見れてない作品は山とあります。

今、私が楽しいのは、「ニコマスを盛り上げていこう!」と、
頑張ってくれた人達のおかげです。
そのような方の中には、ニコマスの衰退を心から憂えている方もおられると思います。
ただ、私は、衰退しようがどうしようが、見ますw

もちろん、私一人が稼げる再生数など、たかが知れています。
それでも、「俺は、まだまだまだまだ見るぜー」
ということを、表明したいのですw

毎日あがってくる新作を、私は心待ちにしていますし、
旧作の金脈掘りをするのも楽しいし、
お気に入りの作品を、何度だって見返したいのです。

さて。私にとっては、リリカルw なブログを続けていくのが、今のところは精一杯。
バカな人達が繰り広げる、真剣にバカな行為に喝采を送りましょうw

chaさんの大いなる野望に敬服します。

というわけで、本日の要旨ですが、
“そんなニコマスを、そんなchaさんを讃える機会が私にあるということが、とても光栄だ”
ということですw

comment

管理者にだけメッセージを送る

夜の夜中にまったくもう。

よい子は寝る時間ですよ! なんてねw
「違い」はすごくたくさんあると思うんですよ。
誰だったかな、「暴れ出す」はまともに画面が見られない、
なんて言ってる方もいましたし、
「ピンクスパイダー」も見る時はすごく気力がいる、って
言ってる人もいたように思います。

そういった感情移入の度合いにもよって
見るもの、感じるものは全然違ってくるのでしょう。
でも自分たちはそれぞれ違ったものを見ているけど、
その視線のずーっと先を望遠鏡で見てみたら、
だいたい同じとこを見てるんじゃないかなあ。
それが感覚的にわかってるだけで、
「あ、この人とは行き先が同じなんだな」って思える。
それだけでいいんですよね。

ご紹介したRUNの一節に
「約束なんかしちゃいないよ 希望だけ立ち上るだからそれに向かって」
というのがあって、そんな感じかなー、と。

ところで、なんだけど。
やよいと誕生日同じなんだぜw いいだろーw

夜型なのですw

> cha73 さん

1万6千字、お疲れさまでしたw
えぇ。「行き先が同じ」だけでいいんですよね。
「暴れ出す」も「ピンクスパイダー」も、私は繰り返し見たいぐらいですが、
まともに画面が見られなかったり、見るのにすごく気力がいる、という方とは、
同じ行き先を共有できると思います。

「最後の一人の座」は、みんな心の中で「いやいや、最後の一人は俺だろw」って思ってるに違いないw

それはそうと、やよいと誕生日おなじなんてw
うらやましすぎw
プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。