スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共にいる喜び

・ぎょP


踊る少女達が好きです。
シンクロ技術がどうのとかいう話は、未だにさっぱりわかんないんですがw

踏まれるステップ、振り上げられた腕、くるりとターンする体。
楽しげに、軽やかに、元気よく。そして笑顔で!

彼女らの名前も知らなかった頃から、踊るこの子達を見るのが好きでした。
今日も、そのことに変わりがないことを、今更ながらに思い知らされます。

モニターの前でノリノリで揺れていた自分の体に気づいて、
気恥ずかしさに一人、赤面します。
彼女らと共にいられることに、歓喜します。
叫び出したいほどに。駆け出したいほどに。

ああもう楽しいなぁ!

では以下、追記ですw

more...

スポンサーサイト

Voc@loidM@ster祭り4がますます楽しみにw

実は近頃、ミルキアンになっていたりw
アニメチャンネルで、再生数=コメント数ってどういうことなのw

・ぼかます!-Voc@loidM@ster Medley-


緑茶戌P(主催)
アシスP / @まさたかP / カイザートP / がくたろP / 自称紳士P
しちやんP / しんしあP / 怒首領蜂P / 2番P / プレミアムP
potechiP / ヤマネコP / ゆっきP / らぶじゃんP

おおおお! なんか告知きたああああああああ!
こっ、これは! 激しく期待せざるを得ない!!

というわけで、ボカマス祭り4を楽しみにしつつ、以下追記ですw

more...

「ヨコハマ買い出し紀行」の感想

たまにはニコマス以外でw マンガの感想を書くのは初めてですねw

「ヨコハマ買い出し紀行」
アフタヌーン連載だった、まったり系というか癒し系というか、
“取り立てて何も起こらない”系のマンガでした。

最近、新装版が出ているらしいですね。
連載が12年で、完結したのが2006年でした。
アフタヌーンの連載で見かけて、コミックスの1巻を買ったときは、
私はまだ大学生でした。
思わず遠くを見てしまうよw

新刊が出たらずっと買っていたんですが、
なんでか最終刊だけを買い忘れて、そのまま忘れてしまっていました。
先日、知人に最終刊を譲ってもらったので、
足かけ16年?17年?かけて読んだことになりますw

以下、追記でネタバレですw

more...

waiting for my friends

なんか急に寒くなりましたよね。

・2発屋 さん


一カ所だけ、歌詞が赤字で変えられているんですよ。
もーね。そこで笑顔になりますw 満ち足りますw
そこまでの春香さんは、暗い表情ばかりなんですけれども、ね!

さあ出会え。
それはおまけかもしれないが、お約束かもしれないが、
言ってしまえば“チュートリアル”的(w)なものかもしれないが、
まごう事なき、運命づけられた二人の一歩なのですから!

・むきリンP


気どりのない幸せがそばにあった、いつでもムキになれた、
あの時してた夢の続きを、また話しましょう。
今も昔も変わらないのですから。きっとこれからも。

投コメにもありますが、「団結PVでしっとり系」というのが、
なんともいい感じです。心温まります。
なにより、この歌詞が、我が事のように、身に染みたりしますよw

・井川KP


ドラゴンズ日本シリーズ出場おめでとう!www

すみませんw 配役の妙が私にはわからないwww
しかし、日本一祈願にはもってこいの動画ではないでしょうかw

・FIP


うっわ。やよいかわええ……。
おしゃまな感じなのに、酢コンブをもらったときの顔といったら!w
しかし、このやよいに両手を出されたら、私は家中のお菓子を包んでしまうよw

ありったけのかわいさと楽しさを

そういえば、(情報遅いですが)わかむらPが動画を削除されるそうで。
動画が見れなくなるのは残念ですが、新しいお仕事のためだそうですので、
仕方がないですよね。
ニコマスにあらずとも、「これぞわかむらP!」と思わせるような作品が、
今後、何かの機会に触れることがあることを、楽しみにさせていただきます。

やはり私も、PSPSは衝撃だった口ですw 
仰天しました。とにかく仰天しました。
今はニコマスの人ですが、当時は「あのきしめんMADの人がニコマスに!」って
感じでしたよね。
あとはそう、「SUPER MUSIC M@KER」も、ほんとひっくり返りそうでした。
もちろん、どれもこれも凄かったですが、私の中での印象は。

ときに揶揄されることもありましたが、
(揶揄と言うか、「わかむらPならもっと凄いの作ってくれるはず」的な
 期待の裏返しだったと思いますがw) 
“元老院”として春の祭典、秋の祭典を世に送り出してくれたこと等々、
ほんとうに素晴らしいことだったと思います。

今日まで、素晴らしい作品の数々を、ありがとうございました。
誰も疑うことなどないと思われる、今後のご活躍を期待しております!

では、以下はいつも通り、今日見たものをw

more...

舞台がこれからなら、今はきっとね。

・twiceP


こちらが、“これからに向けての決意表明”とおっしゃるのであれば、
みごとです。おみごとです。
決意を感じます。握りしめられる拳を感じます。
なんて清々しい。

なお、今日のエントリのタイトルは、こちらのコメからパクらせていただきましたw

では以下、追記です。

more...

いろいろ食べちゃえw

もうちょっと、リアル仕事に余裕ができればいいんですけどねぇ。
年内はこんな感じかもw 

・ネギリボンP


小動物になったやよいが、いろいろ食べますw
その可愛らしさ、その微笑ましさ、そしてなにより、
その前向きさが素晴らしいではありませんか!

そう、世界は慢性的に栄養不足なのですから、
こんな動画を摂取しなければならないのですw

・surumeD


軽快な曲調に軽快なダンスで、動画自体はたいへん楽しく見れるんですが、
“なかったことにして丸く収められるかどうか”となると、
なかなかに難しいのかもしれません。

が、私は本作を“なかったことに”はしたくありませんw
花を咲かせようという願いなのですから。

私はただの見る専ですが、幸せな見る専です

gouzouさん主催
『とにかく大好きなアイマス動画一本』アンケート生放送!

あ?あれ?タイムシフト、コメは流れるのに動画が流れない……。

それはともかくw
“とにかく大好きなアイマス動画”、たいへん楽しく見させていただきました。

私、昨日は休日出勤でして、初めの方見れなかったんですよね。
慌てて帰ってきて見始めたのが、開始から30分ほど経った頃でした。
なので、冒頭の部分をタイムシフトで見たいんですが、どういうことなのw

アイマス、ニコマスと一口に言っても、
“おすすめしたい”ものが様々であるように、好きなものも、人それぞれ。
結構初見のものがありまして、いったいどういうことなのとw
そういう違いを見るのも楽しいですし、
“そうか!君はそれがいちばん好きか!俺もだよ!”と、
背中をばんばんと叩きたくなるのも、また楽しいですw

私も今回はちゃんと記名で回答してきたんですが、
自分の番は、少し照れくさいですねw

“いちばん好き”というお題には、少し悩んでしまいましたが、
自分の中で、様々に思い出深いというか、
今ここでこうしている契機になった作品を選ばせていただきました。

では、追記では思い出話などw

more...

私の知らないアイドルマスター

・しゅがP


オンライン終了のときには、いくつかあがっていましたね。
アーケード版の、アイドルマスター。

私はアーケード版をプレイしたことがないので、
似ているようで違った彼女たちに、正直、違和感の方を抱いてしまいます。

けれども、もしそうでなかったのなら。
何かしらの感慨が、何かしら思い出すものが、
あるのではないかと思います。

その楽曲が思わせるよう、爽快に駆け抜けた歴史だったのではないでしょうか。

今をしてなお、繋がる何かを持つ彼らに、
共感と、少しばかりの羨望を抱いてしまうのです。

響誕生日おめでと?

響誕生日おめでとう!
って、遅い!遅すぎるよ!w
いやその、この年になりますとね、遊び歩いた後は、
疲れがとれないのですよw 許してw

・a-eruP


カントリー調ののどかな曲調が、なんて微笑ましい!
純朴な村娘のように、ぽわぽわと踊る響のかわいいことかわいいことw
目尻の下がるひとときなのです。

・ヴぁつP,囁雨P


「悪魔な春香さんと契約した響が、魔法でトップアイドルに!」
というあらすじなんですが、劇中で響が言うよう、魔法が地味ですw
地味というか現実的というか着実というか、
春香さんの崩した表情がまた楽しいですw

・愛識P,罵りP


微笑ましいサムネと、郷愁を誘うような始まり。
欲情を煽る小鳥さんに、明かされるPの失意の理由。
美しいPVなのに、ロックされたタグは、ノベマスで。

直線的な感情を、感想を、見たものに抱かせてはくれません。
表された言葉の、どこを信じて、どこを疑えばよいのやら。

・FIP


ゆったりとした曲にのせて、ゆっくりと移ろっていく響の表情を。
最後の表情に、なぜだかほっと胸をなで下ろしてしまうのです。

・AerieP


ねんぷちひびきかわえええw
音が聞こえなくて、ニコの調子が悪いのかと思いましたが、力尽きたんですねw
和服の響が最後にちょっと出てくるんですが、釘付けですw

・とばトP


かわいいのに、されてることがひどすぎるよwww
このDVD買った!www

今井さんと花澤さんを見に行ってきましたw

私、徳島在住なんですが、徳島にはufotableというアニメ会社さんがありまして、
昨年から定期的に、「マチ★アソビ」というアニメ関連のイベントをプロデュースされています。
ちょうど一年前が第一回でして、私ははじめて、生の今井さんの歌声を聞くことができ、
むせび泣いておりましたw
で、このたび、この三連休が第四回ということで、三日間とも出かけて参りましたw
(今回は、“朝から晩までまるまる”というわけではありませんが)

では以下、僭越ながらご報告までw

more...

私達は違っていて。

響誕生日おめでとう?!
でも、誕生祭作品はまだ見れてないのよw
私事ですが、今日はまた、一年ぶりに生ミンゴス見てきましたw
明日は生花澤さんが見れる……のかこれは?
うーん。とにかく出かけてきますw

・under79さん


すっごい満足です。
見ているうちにテンションが上がってしまい、
気がつけば、拳を固く握りしめてしまっていました。

「違っているのに似たポーズのダンスを持ってきていること」に
気づいたのは、後からでしたがw

サムネがちょっと怖いwですが、
以前、「目だけを見て誰かを当てる」ってクイズの動画があったのを思い出しました。
彼女らの瞳は、色も形も、それぞれに違うんですよね。
そのクイズは、私は全然わからなかったですがw

ちらりとだけこちらを見る雪歩。
ゆったりとターンする伊織。
曲と共にはじけるように踊り出す真美。
おもむろに踊り始める春香さんの貫禄。
いざ踊り出せば、ゆとりのかけらも感じさせない美希。

彼女らは、それぞれに違っていて。
めいめいに、自由に踊るね。

けれども、だというのに、どうしてこんなにも、一つのものを感じるのでしょうか。
一つであると感じるのでしょうか。
一体感を抱きます。呼吸を等しくするのを感じます。

アイドルマスター! 

と叫び出したくなるほどに。

ひゃっほおおおおおおおおおおおおおおお!

・ハリアーP


ん?え?
ええええええええええええええ!?!?
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

サムネを視認してからクリックするまで、思いっきり動転してしまいましたよ!

祝・再開!!!

冒頭のコメの流れがおかしくなってるじゃないですかw
おかしくもなるよそりゃ!

興奮で頭が回らなくて、見始めてから何度も巻き戻してしまったw
ちゃんと落ち着いてから見始めるべきでしたねw
落ち着いてなんかいられないけどさ! 新グラとか!!

さて。物語の時間は再び進み始めました。
一時中断を、誰が生き残った状態で、どういう状況で迎えるのか。
そして物語の結末は。彼女らは悲劇を乗り越えることができるのかっ!
もー、興奮でちょっと寝られそうにありませんw

気を落ち着かせるために、ちょっと白雪先生に会ってきますw

では、改めまして。連載再開おめでとうございます!

START!!

今日は気分を変えて、いきなり格納ですw

more...

テンションあがってきた!

まだリアル仕事忙しいんですけどねw
しかし、そんなことはどうでもいいのです!

・ツークンP


おおおおおっ!
なんかテンションあがってきた!あがってきたよ!
「あれ?このシーンは!?」と思ったら、全部既存作品の組み合わせなんですね。
胸一杯に広がる、この高揚感はなに!なんだろうこの気持ち!

・怒首領蜂P


雪歩のテンションが高すぎる!www
しかし、またなんて電波曲なのでしょうかw
見ているこちらが鼻血をふくかと思いましたが、雪歩に先を越されるとはw

・ramutoP


こりゃまたすごいな?!
「アイマスMAD初投稿」とのことですが、
「アイマスが初めてってだけだよな」ってコメで埋まってますw
いやもう、まったくですw

しかし、言いたいことはわかるんですが、
「処女作とは思えない」というのを、カタカナ4文字で表すのは、
ちょっとどうなのと思う今日この頃w

・青空文庫P


春香さん●過ぎるwww
春香さんのアイデンティティ的なものが、「リボンさえ付いていれば?」から
「赤い丸なら春香さん!」にシフトしてしまいそうですw
しかし、最も脳内再生余裕なのはタモリだったwww

・無用ノ助 さん


「敬愛するtloPに捧ぐ」と投稿者コメにありまして。
小町のいおりんなんですが、これがまた、見とれます。
見とれるしかありません。

・羽音P


なんとも懐かしい感じでw 早見優ですからw
須磨海岸でロケをした美希が、なんてかわいいんだ!
おっさんホイホイ的に、なごみまくってしまいますw

・そーすけP


ちょうど、お休み前にそーすけPの新作がきたのでw
元気で爽やかな雪歩を眺めてから、床につくというのは、
それはもう、安眠が約束されたと言えましょうw

あと、なんだろう。雪歩の生真面目さを、すっごい感じます。
「見てくれるお客さんのために、ちゃんと踊らなくっちゃ!」
という、ひしひしとした心の声が、聞こえてくるかのようです。

だって愛してますから!

新着が私を寝かせてくれませんw

・ベタ塗りP


ベタ塗りさんの公開マイリスト:大好きなニコマス達

作中で用いられた動画の一つ一つに、丁寧にコメントされておられます。
どれもこれも、うんうんと頷きながら読んでしまいました。

世界にはいるのです。一緒に進む友達が。それを忘れないで。

ダイスキダヨー!!

叫ぶよ。心から。

私は、界隈を盛り上げたいからとか、そういう思想はあまりなくて。
ただ思うから。好きだと思うから。大好きだと思うから。

・ナファランP


今日ではない、未来のいつかに。
ときには、昔の話をしましょう。通い慣れた馴染みの、この場所で。

「もうあの一体感は二度と生まれない だってファン同士でいがみあってるんだ」
そうかもしれません。そうなのかもしれません。
ですが、そうだったとしても、あのとき、バカみたいに大騒ぎをして、
丸1日かけて、ろくすっぽ睡眠も取らずに、同じ動画を見ていたという事実は消えません。
これから先、どれだけ否定されようとも、
あの日のことが夢や幻になるわけでは、決してないと、そう思うのです。

今日ではない、未来のいつかに。
ときには、昔の話をしましょう。そういうとき、人は笑顔であるものです。


それはそうと、自分のブログが映って焦りましたw
うちはもう、紹介系ブログとしてはほとんど機能してなくて。
いや、日付のタイトルで毎日更新していた頃も、機能していたかどうかはアレですがw
いわゆる“誰得”“俺得”以外の何者でもありませんw

ですが、それでも。
言葉が足りなくて、意味不明だったり、失礼だったりするかもしれませんが、
昨日の、今日の、そして明日のニコマスを、楽しく見る者がいるんだという証左に、
わずかながらにでもなれば、幸いです。

ガテラーさんありがとう!

・ガテラー星人P


以前から、漠然とですが、この日が来るんじゃないかと思っていました。
いやもちろん、誰であってもその可能性はありますし、
ましてや、今はなんというか、タイミング的な問題が……w

“やり終えて満足した”という日が、来るんじゃないかと思っていました。
なんでそう思ったのか、上手く口では説明できないのですが。

今まで様々なジャンルを渡り歩いてこられたSS書きさんだから
そう思うのかもしれません。
それ以上に、誕生日ごとにあがってくる一作一作の、
“作者が思う彼女たちの魅力”“その魅力を表すための物語”が、
余すところなく完結しているように思えたからかもしれません。

ガテラー星人Pのアイドルマスター二次創作は、
今日こちらを持って、エンディングを迎えました。

完結した物語に、拍手と喝采と、そして感謝を。
いつもいつも、ほんとうにおもしろかったです。

これがエンディングだというなら、
アンコールの声を高らかにあげたくはあるのですがw

去りゆく方へ

・たろうP


あぁ。ニコマスにいると思います。

「俺は去るよありがとみんな」
「俺は去る。アイマスと出会えて良かった。残るお前らも元気でな。」

ようやく、こういうコメントが、目に入るようになりました。
今までだって、書かれていたのでしょう。
私自身が、それを受け入れようと、思えるようになったというだけなのでしょう。

あぁ。そうです。私達は。
去っていくときに、感謝とねぎらいを述べられる人たちと、
同じものを見てきたのです。

去りゆく方へ。
届くことはないと思いますが、それでも。

今までご一緒できて、楽しかったです。
コメでしか互いを知り得ない、誰が誰やら分からない関係でしたが。
私は、コメであんまり面白いことが書けなくて、
いつも、他の人が書いたコメを読むのが好きでした。

笑うべきときに笑い、泣くべきときに泣き、ときに激しく、ときに優しく。
ぞんざいな口調で自由に書かれた、それでいて敬意にあふれた、
そんなコメが好きでした。

Pなのかもしれません。見る専なのかもしれません。
アケマス時代からの人かもしれません。SPやDSからの人かもしれません。
実際に会って話してみたら、話が全然かみ合わないかもしれません。

それでも、主義主張は違っていても、その愛し方は違っていても、
同じ少女達を、等しく好きでいられた、その方達に感謝を。

道は違えてしまいました。
寂しいです。悲しいです。
ですが、ゆく道は違えども、ほんのいっときだったとしても、
交差する機会があったことを、喜びたい。

さて。

残った私達は、世界をまた始めましょう。
ええ。やることは同じですがw>提供

最後になりましたが、ようやくこういう心境に、私をさせてくれた
本作の作者様に感謝を。
プロフィール

グレゴール

Author:グレゴール
ニコマス厨の見る専です。

・mail / messanger:
 gregor*live.jp (*→@で)
・twitter:
 gregor_clover

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。